歯科インプラント法

歯科インプラントは、単なる美容整形ではなく、歯を補うためのものです。 また、1本以上の歯を失って悩んでいる患者さんが、幸福感を取り戻すことにもつながります。

歯科インプラントの定義

インプラントとは、小さなネジのようなもので、生体適合性のあるチタン製の人工歯根のことです。 損傷や欠損した歯の根元を補うために使用され、将来的に義歯やセラミッククラウンを装着する際のアンカーとしても使用されます。 1本の歯でも複数の歯でも、審美性と長期的な信頼性を兼ね備えた最適な結果を得るために、あなたのケースに最適なソリューションを提案します。

インプラントでは、新しい歯は健康な天然の歯のように見え、感じられます。

なぜ歯科インプラントなのか

デンタルインプラントは、他の歯に影響を与えることなく、1本または複数の歯を安全に補うことができる長期的なソリューションであり、失った歯を補うための最適なソリューションです。

よくある質問

インプラントとは、小さなネジのようなもので、生体適合性のあるチタン製の人工歯根のことです。 損傷や欠損した歯の根元を補うために使用され、将来的に義歯やセラミッククラウンを装着する際のアンカーとしても使用されます。

いいえ、歯科インプラントは局所麻酔または意識下鎮静法で埋入されます。

一般的に、歯科インプラントは最も耐久性のある治療法の一つです。 適切な歯科衛生士と厳格な予防措置は、インプラントや補綴治療の耐久性を促進します。

インプラントをするのに年齢制限はありませんが、インプラント前の検査が必要です。 このように、3D X線を使って複数の要素(骨量、感染症、歯根破折など)を確認することができます。

骨量を正確に把握できるのは、3D X線(コーンビーム)だけです。 不足している場合には、不足している骨量を補填(サイナスリフト)したり、アポジショナルグラフトを行うなどの代替手段があります。

厳格で、実績のある、習得されたプロトコルにより、状況に応じた質の高い仕事を保証します。 時にはインプラントが動揺することもあります。 その後、治癒期間を経て取り外し、交換しなければなりません。 この危険性は、治療を損なうことなく、治療を遅らせるだけです。

Scroll to Top