予防医学

予防医学とは、 「ある病気の発生を防ぐために行われるすべての手段」と定義されています。.

虫歯やかぶせ物を防ぎ、デンタルケアの成果を維持する。

虫歯になったり、歯が抜けたり、歯を失ったりすることは避けられません。 本日のお口の中の臨床検査では、満足のいく状態であることがわかりました。 あなたの口腔内の状態は、歯科でよく見られる症状を示していません。

しかし、この健康状態は不安定なままです。
歯の病気を経験しない人は人口の5%しかいないという統計が明らかになっています。

私たちの歯科医院では、カリエスや歯周病(虫歯)の発症を予防し、その進行や悪化を食い止めるためにあらゆる努力をしています。

そのため、口腔内の細菌性疾患の発生や進行を防ぐために、予防的なフォローアッププログラムを提案しています。

予防的なケアは、従来のスケーリングに代わるもので、虫歯を予防するにはほとんど不十分です。

齲歯

むし歯は、お口の中のばい菌が原因で起こる感染症です。 食べ物の付着物や糖分は、口腔内に悪影響を及ぼすカリカリ菌の繁殖を促進します。

病気の原因:口の中にはたくさんの細菌がいますが、これは正常なことです。 「友好的」なものもあれば「敵対的」なものもある。

これらの中には、虫歯の原因となるものもあります。 この2つのカテゴリーのバランスが取れていれば、歯の健康状態は良好で、虫歯にはなりません。 ある条件下では、敵対する微生物が口の中に溜まり、食べ物の糖分を食べて酸を作り出します。 歯を「虫歯」にするのは、この酸です。

進化

この病気は規則的に発症するものではなく、対象者によって多かれ少なかれ早いサイクルで数ヶ月かけて進行していきます。 虫歯の最初の臨床症状が現れるまでにはタイムラグがあり、原因となる様々な要因を知るまでにはかなりの時間を要します。

悪化させる要因

虫歯の初期段階は、歯科検診でしか見ることができませんし、時には元に戻ることもあります。 穴はあくまでも進行した不可逆的な形である。 この穴は、表面上は小さくて見えないが、内部では非常に大きいというのが一般的である。 虫歯は、生きている歯と生きていない歯の両方に影響を与えます。 枯渇しているときは、痛みを伴うような兆候はありません。 また、生きている歯でも痛みのない虫歯になることがあります。

未然防止

う蝕は、虫歯と並んで、人間の2大感染症の一つです。 私たちは、それを阻止する手段を持っています。それは、病気が引き起こしたダメージを回復させ、その回復が長期にわたって続くようにし、病気の再発を防ぐことです。 むし歯の初期段階は、外用薬による治療で元に戻ります:これらは表面の予防的治療です

Scroll to Top