歯のホワイトニング

ホワイトニングは歯の表面に過酸化水素のジェルを塗布することで歯の表面の着色物質を脱色漂白するものです.

この溶液を歯に長時間接触させると、長年かけて形成された色素が分解されます。 歯のホワイトニングは広く行われている手法です。

現在、歯のホワイトニングは歯科用の椅子で行うことができ、1時間で最大2シェード分を節約することができます。 歯のホワイトニングの原理は、ジェルのようなものを歯に塗り、特殊なランプで活性化させることです。

歯のホワイトニング治療は痛みを伴わず、すぐに効果を実感できます。 希望するホワイトニングと開始時のシェードに応じて、この手順を繰り返すことができます。

ビフォー アフター

歯のホワイトニングは、1回の歯科医院の来院で行うことができます。 この手順では、施術者が過酸化物によって刺激を受ける可能性のある歯ぐきに保護ジェルを塗布する必要があります。 第2ステップでは、ホワイトニング剤を歯に直接塗布し、熱や光源によってホワイトニングを促進させます。 このプロセスの過酸化物濃度は他の漂白システムよりも高いため、非常に良い結果が得られます。 治療は永久的ではないので、6~12ヶ月後にタッチアップを行う必要があります。

Scroll to Top