ホワイトニング

歯のホワイトニングは、過酸化カルバミドや過酸化水素を成分としたホワイトニング剤を使い、歯のエナメル質の色を白くします。この液を長く歯に浸けることで、長年蓄積した色素を取り除くことができます。

現在ホワイトニング技術は広く使われていて、1時間椅子に座った状態で処置をすることで、2段階色調を明るくすることができます。

歯のホワイトニングは、特殊がランプで活性化する、一種のジェルを歯に塗って行います。痛みはなく、効果は劇的です。好みの白さや処置開始時の色に応じて何度も繰り返し行うことができます。

Éclaircissement dentaire

ホワイトニングは、一回の通院で行うことができます。第一段階として、過酸化物によって炎症を起こす可能性のある歯茎に保護用のジェルを塗ります。次にホワイトニング剤を直接歯に塗ると、熱と光により活性化し、ホワイトニングが進んで行きます。この過酸化物による集中トリートメントは、他の方法に比べて優れた結果をもたらします。

ホワイトニング治療は、永久的ではないので、6ヶ月から12ヵ月毎に繰り返し行うことをお勧めします。